映画『アイアムアヒーロー』作品情報

あらすじ

アシスタントをしながら再デビューを目指し、ネームを描いては持ち込む日々が3年

恋人である黒川徹子の存在。

全国的に「噛み付き事件」が多発する。

町に増えてゆく警官の数、さらには厚労相が入院して、その入院先で銃撃戦が起こるといった報道

コロリが悩むその最中に久喜幕府がヘリコプターを奪取するため高層ビルのコミュニティを襲撃する。

鈴木英雄は35歳の漫画家。

タクシーに轢かれて両腕と右足が潰れ、首が真後ろに折れても運転手に噛み付き、奇声を発し立ち去る女性を目撃

中田コロリは池袋の高層ビルに籠城し、補給隊隊長としてガソリンを集めさせられていた。

コミュニティに不満を持つ隊員達からクーデターを持ち掛けられるが、不安要素が多く実行

「ZQN」と呼ばれる感染者たちが街に溢れる。

一派は中学校へと移動し、ZQNの巣」と遭遇する。

英雄は富士の樹海で女子高生・早狩比呂美、御殿場のアウトレットモールで看護師・藪(小田つぐみ)と行動をする。

半感染状態となった比呂美の免疫力を「人類の希望になるかもしれない」と一行は東京方面を目指していく。

それぞれが屋上のヘリコプターを目指し戦闘の末に高層ビルから脱出する。

デビュー作は連載開始後半年で早々に打ち切られ

江崎崇はネット上の匿名掲示板を介して来栖と呼ばれる人物が率いる一派に加わり、アジトに招かれる。

人間とZQNを交えた戦いは終わり、街には草木が生い茂る。

、ZQNがアジトへ侵入し仲間の一人が感染、さらに身を挺する形で噛まれた江崎は半感染となる。

江崎は同じく半感染のスコップの男と出会い、戦いの末に勝利する。

来栖に成り代わった江崎は久喜幕府を名乗り東京へ向かう。

 

主要人物

鈴木英雄(すずき ひでお)

モデルは作者自身。

矢島(やじま)

飛び出し坊や

早狩比呂美(はやかり ひろみ)

藪(やぶ) / 小田つぐみ(おだ つぐみ)

黒川徹子(くろかわ てつこ) / てっこ

中田コロリ(なかた コロリ)

松尾(まつお)

三谷(みたに)

パッシー

佐田和也(さだ かずや)

同僚アシスタント

みーちゃん

カオリ

紗衣

可奈子

荒木(あらき)

伊浦(いうら)

サンゴ

目白

ブライ / 村井正和(むらい まさかず)

黒沢

田村

少年

田澤

陸上選手のZQN

 

作品情報

タイトル

アイアムアヒーロー

製作年度

2015年

上映時間

127分

製作国

日本

ジャンル

ホラー

サスペンス

ドラマ

監督

佐藤信介

原作

花沢健吾

脚本

野木亜紀子

音楽

ニマ・ファクラ

 

●関連サイト

映画のことなら『AB夫(えびお)のシコウサクゴ』


映画『レディ・プレイヤー1』あらすじ、作品情報

あらすじ

2045年。環境汚染や気候変動、政治の機能不全により世界は荒廃していた。その為スラム街で暮らさざるを得ない状況に陥った地球上の人類の多くは「オアシス」と言うVR世界に現実逃避し入り浸っていた。
現在オアシス内では創始者であるジェームズ・ハリデー亡き後公表された彼の遺言により勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル(日本円で約56兆円[5])相当のハリデーの遺産が授与されるアノラック・ゲームが開催されていた。ハリデーがオアシス内に隠したとされるアイテム“イースターエッグ”を探すプレイヤー“ガンター”達が日々3つの鍵を手にする為の関門となるゲームに挑んでいるが、始まって5年経っても誰も鍵を手に入れられなかった。
オハイオ州コロンバスのスラムに住む若者ウェイド・ワッツことガンター・パーシヴァルも勝者となるべく日々奮闘していたが、ゲームにはオアシスの独占を欲す世界第2位の大企業IOI(イノベイテブ・オンライン・インダストリーズ)社社長ノーラン・ソレントが送りこんだガンターチーム“シクサーズ”もいた。ウェイドは第一の試練を突破するが、現実世界でも彼に魔の手が及び、レジスタンスのアルテミスやオンライン仲間たちと共にソレントの陰謀に立ち向かっていく事となる。

作品情報

タイトル:レディ・プレイヤー1
原題:READY PLAYER ONE
製作年度:2018年
上映時間:140分
製作国:アメリカ
ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮:アダム・ソムナー、ダニエル・ルピ、クリス・デファリア、ブルース・バーマン
原作:アーネスト・クライン
脚本:ザック・ペン、アーネスト・クライン
音楽:アラン・シルヴェストリ

キャスト

ウェイド・オーウェン・ワッツ / パーシヴァル – タイ・シェリダン(KENN)
サマンサ・イヴリン・クック / アルテミス – オリヴィア・クック(坂本真綾)
ノーラン・ソレント – ベン・メンデルソーン(楠大典) ※原作ではIOI役員だが、本作では社長となっている。
ヘレン・ハリス / エイチ – リナ・ウェイス(英語版)(斉藤貴美子)
アイロック – T・J・ミラー(佐藤せつじ) ※原作ではあくまでウェイドたちとゲームで競い合うライバルに過ぎなかったが、本作ではソレントに雇われてガンター狩りを行う。
オグデン・モロー / 案内人 – サイモン・ペグ(山寺宏一)
ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー / アノラック – マーク・ライランス(後藤哲夫)
ゾウ / ショウ – フィリップ・チャオ(小林由美子 / 松岡禎丞) ※原作では日本人だが、多人種化を望むスピルバーグの意向で中国人に変更されている。
トシロウ / ダイトウ – 森崎ウィン(森崎ウィン) ※アバターに関しては後述。
フナーレ・ザンドー – ハナ・ジョン=カーメン(茅野愛衣) ※原作には居ないキャラクター。
リック – ラルフ・アイネソン(英語版)(玄田哲章)
アリス – スーザン・リンチ(英語版)(高島雅羅)
レブ – レティーシャ・ライト
カレン・アンダーウッド・モロー / キーラ – パーディタ・ウィークス(英語版)(よのひかり)


映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』あらすじ、作品情報

あらすじ

 

1年以上の潜伏を経て、フォー・ホースメンが再び動き出す。

今回のターゲットは大手IT企業オクタ社。オクタが主催するイベントを乗っ取り、携帯電話事業に隠された社の陰謀を暴き出すのが目的だ。

ところが、ホースメンが会場に姿を現した時、そのイベントはさらに別の何者かにより乗っ取られてしまう。ホースメンは会場から脱出すべく緊急脱出用シューターに飛び込むが、出た先はなんと遠く離れた中国・マカオ。

困惑するホースメンの前に、死亡したはずのオクタ社の共同経営者ウォルターが現れ、ある取引を持ち掛けた。

参考:【リヴィジョンズ】9話

 

 

登場人物

 

J・ダニエル・アトラス – ジェシー・アイゼンバーグ

ディラン・ローズ – マーク・ラファロ

メリット・マッキニー – ウディ・ハレルソン

ジャック・ワイルダー – デイヴ・フランコ

ウォルター・メイブリー – ダニエル・ラドクリフ

ルーラ – リジー・キャプラン

リー – ジェイ・チョウ

ナタリー・オースティン – サナ・レイサン

アーサー・トレスラー – マイケル・ケイン

サディアス・ブラッドリー – モーガン・フリーマン

チェイス・マッキニー – ウディ・ハレルソン

コーワン – デヴィッド・ウォーショフスキー

ブブ – ツァイ・チン

幼少期のディラン – ウィリアム・ヘンダーソン

ライオネル・シュライク – リチャード・ラング

アレン・スコット=フランク – ヘンリー・ロイド=ヒューズ

 

 

 

作品情報

 

タイトル:グランド・イリュージョン 見破られたトリック

原題:NOW YOU SEE ME 2

製作年度:2016年

上映時間:129分

製作国:アメリカ

ジャンル:サスペンス

監督:ジョン・M・チュウ

製作総指揮:ケヴィン・デラノイ、ルイ・ルテリエ、エド・ソロモン

脚本:エド・ソロモン

音楽:ブライアン・タイラー


映画『ピンクとグレー』あらすじ、作品情報

あらすじ

河田大貴は、同じマンションに住む同級生の鈴木真吾、石川紗理、木本と仲良くなる。

4人は親たちから「『スタンド・バイ・ミー』みたいだわ」と言われる

木本と石川は転校してしまうが、大貴と真吾はそのまま同じ中学を受験

17歳の時、文化祭でバンド「デュポン」を結成。

真吾作詞・大貴作曲のオリジナル曲「ファレノプシス」を披露

駅で雑誌編集者である赤城に声をかけられたことをきっかけに読者モデル

芸能事務所に所属し、ルームシェアも始めた2人はエキストラとしてドラマ出演を決め、主演俳優とのシーンでアドリブのセリフが採用された真吾は番組プロデューサー・鶴田に見初められ、連続ドラマへの出演

大貴は変わらず小さな仕事をこなしながら大学とアルバイトに精を出す日々

真吾から積極的に誘われ、以前の関係に少し戻れた気がしていた大貴だったが、今夜も会おうという約束通りに真吾のマンションを訪れると、そこには遺書を残して首を吊った真吾の姿

第一発見者でありながら現場保存をしなかったことで一時は殺人容疑や自殺幇助の疑いもかけられたが、やがて遺書の内容は世間の知るところとなり、「白木蓮吾のイケメン親友!」と大貴は一躍時の人となる。

 

登場人物

河田 大貴(かわだ だいき)

鈴木 真吾(すずき しんご)

石川 紗理(いしかわ さり)

木本(きもと)

鈴木 唯(すずき ゆい)

三島 藍(みしま あい)

赤城(あかぎ)

岡村(おかむら)

小出水(こいずみ)

鶴田(つるた)

香凛(かりん)

斉藤 麻里(さいとう まり)

田中 イサキ(たなか イサキ)

百井 友光(ももい ともみつ)

 

作品情報

タイトル

ピンクとグレー

製作年度

2015年

上映時間

119分

製作国

日本

ジャンル

青春

監督

行定勲

原作

加藤シゲアキ

脚本

蓬莱竜太

行定勲

音楽

半野喜弘

 


映画『アントマン&ワスプ』あらすじ、キャスト、作品情報

あらすじ

1987年。「ワスプ」ことジャネット・ヴァン・ダインは、ソ連の核ミサイルを停止させるために限界まで縮小し、この世界から姿を消した。ジャネットの夫にして初代「アントマン」ハンク・ピムと娘ホープは長い間、彼女の死を悼み続けていた。それから28年の月日が経ち、スカウトして二代目「アントマン」となり彼らの仲間入りを果たした元泥棒スコット・ラングは、量子の世界へと消えたのち、不可能だと思われていた帰還を果たす。それから3年間、彼らはこの生還を再現し、再びジャネットを取り戻すため研究に明け暮れていた。
超人的な能力を持つヒーロー・スパイたちによって構成された地球最強のヒーローチーム:アベンジャーズを国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」の賛否を巡って勃発した「アベンジャーズの内乱」で、協定に反発するスティーブ・ロジャースことキャプテン・アメリカに加担したスコットは、「『ソコヴィア協定』に違反した」として自宅に軟禁され、FBIの監視下にあった。2年に及ぶ軟禁生活が終わりを告げる頃、スコットは再び量子の世界を訪れる夢を見る。2年間絶縁状態だったハンクに連絡を取ったスコットは、すぐさまホープに外へと連れ出される。彼が見た夢とは、ハンクたちが作った量子トンネルが起動した影響で流れ込んできたジャネットのメッセージだった。
2年前のスコットの失敗によってFBIに追われる立場にあったハンクとホープは、ジャネット救出のためスコットと再び手を結ぶことを決める。FBIの監視を逃れるため、スコットに付けられた発信機を巨大アリへ付け替え、ラボを丸ごと縮小化することで移動しつつの量子トンネル完成を目指す。彼らは部品を闇市のディーラーであるソニー・バーチから買い上げようとするが、FBIと内通していたバーチは彼らの弱みを盾に研究成果を要求する。抗争に発展し、ホープはアントマンと同じ縮小化能力に加え飛行能力まで有する「ワスプ」のスーツを着てバーチたちを圧倒するが、部品の入手の寸前、まるで幽霊のように物質をすり抜ける「ゴースト」が彼女の妨害を行う。ホープの窮地にスコットが応戦するが、ゴーストは突如姿を消すと、ハンクを襲撃してブリーフケースと同サイズに縮小したラボを奪い去ってしまう。
ハンクはこの危機に、かつてS.H.I.E.L.D.でパートナーであったビル・フォスターを訪ねる。ビルの助言でラボの位置を割り出し、ゴーストの手から奪還しようとしたその時、全員が返り討ちに遭い囚われてしまう。ゴーストは身動きの取れない三人に自身の正体を明かす。エイヴァ・スターと名乗る彼女は、かつて父がハンクの助手であったこと、父はハンクに追放されたことで量子実験に失敗した挙句、妻と共にこの世を去ったこと、その実験失敗の末に、自身の存在が不安定になってしまったことを告白する。自身を引き取ってくれたビルと協力し、ハンクの量子トンネルとジャネットの持つ力を用いて自身が抱える問題を解決しようとしていたのである。しかしハンクは、この方法ではジャネットの命に危険が及ぶであろうことを告げると、彼女たちを助けることを拒否し、芝居を打ってその場を脱出する。
エイヴァの手を逃れ、安定した量子トンネルを起動させた三人は、ついにジャネットの意識との再会を果たす。ジャネットは自身の正確な位置を算出するが、救出のタイムリミットがわずか2時間しかないと警告する。準備を進める中、スコットの友人ルイスは自白剤を打たれ、三人の居場所をバーチ一派に漏らしてしまう。バーチがFBIに通報したためスコットは自宅への一時帰還を余儀なくされ、ハンクとホープは逮捕された上にゴーストにラボを奪取されてしまう。
ピム親子の危機を救ったのは、FBIの監視をやりすごすことに成功したスコットだった。娘キャシーに叱咤され、かつてハンクが用いた方法をアレンジして二人を脱出させる。スコットとホープがエイヴァとチェイスを繰り広げ、その最中にハンクが量子トンネルを用いてジャネットの救出へ向かう。バーチ一派の妨害を受けつつも、ルイスとデイブ、カートが参戦し、エイヴァの追撃を紙一重でかわし切り、ハンクはジャネットを現実世界に連れ戻すことに成功する。そしてジャネットは長年自身に蓄えられていた量子エネルギーをエイヴァに与えて彼女の問題を一時的に安定させ、FBIを欺ききったスコットが軟禁から解放されることで、物語は大団円を迎える。
ミッド・クレジット・シーン。エイヴァの治療に使う量子エネルギーを採取すべく、スコットは小型化した量子トンネルを使い量子の世界を訪れる。ホープが帰還のためのカウントダウンを行うが、突如通信が途切れ、スコットは量子の世界に閉じ込められてしまう。地上では、ハンク、ホープ、ジャネットがいたはずの場所には、チリがただ舞うだけであった。そう、サノスが6つ全てのインフィニティ・ストーンを手に入れ、指を鳴らして全てのストーンの力を発動させた影響で、全宇宙の半分の生命が消え始めたのだった。
ポスト・クレジット・シーン。無人となったラング家では、テレビから放送休止によるカラーバーが映されている中、長らくスコットの代理を果たしていた巨大アリが、スコットがそうしていたように、ドラムを演奏していた。

参考:【魔法少女特殊戦あすか】11話

キャスト

  • ポール・ラッド:スコット・ラング/アントマン
  • エヴァンジェリン・リリー:ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ
  • マイケル・ペーニャ:ルイス
  • ウォルトン・ゴギンズ:バーチ
  • ハナ・ジョン=カーメン:ゴースト/エイヴァ
  • デヴィッド・ダストマルチャン:カート
  • ティップ・“T.I.”・ハリス:デイヴ
  • ジュディ・グリア:マギー
  • ボビー・カナヴェイル:パクストン
  • ランドール・パーク:ジミー・ウー
  • アビー・ライダー・フォートソン:キャシー
  • ミシェル・ファイファー:ジャネット・ヴァン・ダイン/ワスプ
  • ローレンス・フィッシュバーン:ビル・フォスター
  • マイケル・ダグラス:ハンク・ピム博士
  • ディヴィアン・ラドワ
  • マイケル・セルヴェリス
  • リアン・スティール
  • ダックス・グリフィン:ハンク・ピム(若年期)
  • ヘイリー・ラヴィット:ジャネット・ヴァン・ダイン(若年期)
  • ラングストン・フィッシュバーン
  • レイリン・ブラッテン
  • マデリーン・マックグロウ
  • スタン・リー

作品情報

  • タイトル:アントマン&ワスプ
  • 原題:ANT-MAN AND THE WASP
  • 製作年度:2018年
  • 上映時間:118分
  • 製作国:アメリカ
  • ジャンル:アクション、アドベンチャー
  • 監督:ペイトン・リード
  • 製作総指揮:ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、チャールズ・ニューワー
  • ス、スタン・リー
  • 脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ、ポール・ラッド、アンドリュー・バレル、
  • ガブリエル・フェラーリ
  • 音楽:クリストフ・ベック

映画『オデッセイ』あらすじ、感想

あらすじ

アレス4が到着するまでの4年間を生きのびようとする
火星に一人取り残されてしまった
マークは前ミッションから残留保存されていた資材を材料に水、空気、電気を確保すると、さらに火星の土とクルーの排泄物をもとに耕作用の土を用意し、ジャガイモの栽培
マーク・ワトニーは火星への有人探査計画であるアレス3に、参加する。
マーズ・パスファインダーを見つけ、地球との通話に成功
ヘルメス号に乗るクルーたちは、地球上の軌道でスイングバイを行いながら中国のロケットでもたらされた追加食料などを受け取ると、火星へ戻る。
NASAでは、マークのために追加の食料などを送ることを決めて急遽ロケットを打ち上げるものの、発射時に失敗
ヘルメス号のクルーたちはマークと共にこの距離を縮めるべく命がけの工夫を凝らし、宇宙空間を漂っていたマークの確保に成功すると、地球へ帰路を向ける。
クルーたちはマークが死んだと判断して火星上の軌道へ戻りヘルメス号に乗って出発してしまう。
火星での探査任務中火星からの退避を決めて、その最中に折れたアンテナがマークに直撃
中国国家航天局から助けが提供され、救助のための輸送を中国のロケットが引き受け、地球軌道に乗せる
テディ・サンダースはクルーたちを安全に帰還させる選択肢を選ぶ。
、アレス4用にすでに送り込まれていたMAV (Mars Ascent Vehicle) に乗り込む。

 

登場人物

マーク・ワトニー (Mark Watney) – マット・デイモン
メリッサ・ルイス (Melissa Lewis) – ジェシカ・チャステイン
リック・マルティネス (Rick Martinez) – マイケル・ペーニャ
ベス・ヨハンセン (Beth Johanssen) – ケイト・マーラ
クリス・ベック (Chris Beck) – セバスチャン・スタン
アレックス・フォーゲル (Alex Vogel) – アクセル・ヘニー
アニー・モントローズ (Annie Montrose) – クリステン・ウィグ
テディ・サンダース (Theodore “Teddy” Sanders) – ジェフ・ダニエルズ
ミッチ・ヘンダーソン (Mitch Henderson) – ショーン・ビーン
ビンセント・カプーア (Vincent Kapoor) – キウェテル・イジョフォー
ブルース・ン (Bruce Ng) – ベネディクト・ウォン
ミンディ・パーク (Mindy Park) – マッケンジー・デイヴィス
リッチ・パーネル (Rich Purnell) – ドナルド・グローヴァー
ティム・グライムス (Tim Grimes) – ニック・モハメッド
グオ・ミン (Guo Ming, 郭明) – エディ・コー
チュー・タオ (Zhu Tao, 朱涛) – チェン・シュー
マイク・ワトキンス – エンゾ・シレンティ
ブレンダン・ハッチ – ジョナサン・アリス
リョウコ – ナオミ・スコット

 

受賞歴

ゴールデン・グローブ 第73回(2015年)
作品賞(コメディ/ミュージカル)
男優賞(コメディ/ミュージカル)

 

作品情報

タイトル
オデッセイ
原題
THE MARTIAN
製作年度
2015年
上映時間
142分
製作国
アメリカ
ジャンル
SF
アドベンチャー
ドラマ
監督
リドリー・スコット
製作総指揮
ドリュー・ゴダード
原作
アンディ・ウィアー
脚本
ドリュー・ゴダード
音楽
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


映画『デッドプール』あらすじ、作品情報

あらすじ

るウェイド・ウィルソンは、ヴァネッサと出会い交際し始める。

突然意識を失い病院に運ばれた結果末期がんと診断される。

ウェイドはがんの治療と引き換えに極秘の人体実験の被験者となる

フランシスというミュータントの男から細胞を変異させる薬品を投与され、変異を誘発する為に拷問を受ける。

ウェイド不死身の肉体を手に入れるが、全身が爛れた醜い姿に変異

施設から脱出したウェイド

ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けて盲目の老婆アルの家に居候する。

元の姿に戻るため、覆面をつけて酒場で行われていた死人が出るかどうかの賭け(Dead Pool)に由来したデッドプールと名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。

「X-MEN」のコロッサスとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドが現れ、彼らと問答している間にフランシスに逃亡されてしまう。

フランシスは人質にヴァネッサを誘拐する。

コロッサスとネガソニックの協力を得て、フランシスがいる巨大航空母艦がある廃棄場に向かい、フランシスの傭兵を相手に戦い

コロッサスが説得するがウェイドはフランシスを射殺する。

 

登場人物

ウェイド・ウィルソン / デッドプール

ヴァネッサ

演 – モリーナ・バッカリン

フランシス・フリーマン / エイジャックス

演 – エド・スクライン

ウィーゼル(英語版)

演 – T・J・ミラー

エンジェル・ダスト

演 – ジーナ・カラーノ

ブラインド・アル

演 – レスリー・アガムズ

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド

演 – ブリアナ・ヒルデブランド

コロッサス(英語版)

声 – ステファン・カピチッチ

ドーピンダー

演 – カラン・ソーニ

リクルーター

演 – ジェド・リース

ボブ

演 – ロブ・ヘイター

 

作品情報

タイトル

デッドプール

原題

DEADPOOL

製作年度

2016年

上映時間

108分

製作国

アメリカ

ジャンル

アクション

コメディ

監督

ティム・ミラー

製作総指揮

スタン・リー

ジョン・J・ケリー

ジョナサン・コマック・マーティン

アディッティア・スード

レット・リース

ポール・ワーニック

脚本

レット・リース

ポール・ワーニック

音楽

トム・ホルケンボルフ


映画『スリー・ビルボード』あらすじ、キャスト、作品情報

あらすじ

舞台は架空の田舎町であるミズーリ州エビング。 アンジェラ・ヘイズという名前のティーンエイジャーがレイプされた後に焼かれて殺害されるという凄惨な事件が発生した。それから7ヶ月が経過した後も、母親のミルドレッド・ヘイズは娘を奪われた悲しみから立ち直れずにいた。女手一つで育ててきた娘の死は何よりも耐え難いものであった。しかし、時が経つにつれて、ミルドレッドは犯人の手掛かりを何一つ発見できない警察に不信感を抱くようになった。それはやがて警察への怒りへと変化していった。そこで、ミルドレッドは町はずれの道路沿いの殺害現場に立つ3枚の広告板(スリー・ビルボード)を借り受け、そこに「娘はレイプされて焼き殺された」「未だに犯人が捕まらない」「どうして、ウィロビー署長?」というメッセージを張り出した。ウィロビー署長を敬愛してきたエビングの住民たち、そして息子のロビーまでも、ミルドレッドの行動に憤慨した。特に、レイシストとして悪名高い警官のジェイソン・ディクソンは腹の中で怒りを煮えたぎらせていた。広告板の設置が原因で、ミルドレッドと息子のロビーは住民たちから嫌がらせを受けることとなったが、ミルドレッドはそれを意に介さなかった。孤立無援の一家を支えていたのは、アンジェラの無念を晴らしたいという思いであった。ウィロビーは町民から慕われる人格者であり、ミルドレッドの苦境に同情的ではあったが、それでもなお広告板の設置は自身への不当な人格攻撃だと考えていた。ミルドレッドに自分は膵臓癌の末期症状であり余命少ないことを告白するが、彼女はそれを既に知った上で広告板を設置したと返答。一方、ディクソンはミルドレッドの行動を警察官である自分への敬意を著しく欠いた振る舞いであると見なしていたため、何としてでも屈服させてやると決意し、ミルドレッドに広告板を貸した広告会社社長のレッドを脅迫した。その後、ミルドレッドの友人であるデニスにマリファナ所持容疑をでっち上げて逮捕し、しかも保釈にも応じなかった。ミルドレッドの元夫であるチャーリーは粗野な人物であったが、そんな彼ですらも広告板の設置が引き起こすであろう事態を恐れていた。彼はミルドレッドに「アンジェラが殺される1週間前、あいつは俺と一緒に暮らしたいと言ってきたんだ」と語るのだった。一見強気なミルドレッドだったが、彼女も自責の念を抱えていた。実は事件当日、アンジェラは友人らと遊びに出かけるのに車を貸して欲しいと頼んだが、娘の素行の悪さに頭を悩ませていたミルドレッドはそれを断った。やがて激しい口論となり、「暗い夜道を歩いてレイプされたらどうするの?」と言うアンジェラに「レイプされればいい」と返答してしまった。そんな中、ミルドレッドは歯の治療に行く。その歯医者はウィロビーと親しい友人だったため彼女に報復しようとするが、逆にドリルで負傷させられる。歯医者は「私はミルドレッドに襲撃された、訴えてやる」と騒ぎ始めたので、ウィロビーが彼女を尋問することになったが、「何もしていない」の一点張りだった。尋問中、ウィロビーは突然吐血し、そのまま病院へと搬送されていった。自分の死期が近いと悟ったウィロビーは、退院後に妻と2人の娘と過ごす1日を設け、楽しい思い出を作った後に自殺した。ウィロビーの死が町中に知れ渡ると、「ミルドレッドが広告板を設置しなければ、署長はもっと長生きしていたはずだ」という風評が流れた。ミルドレッド一家を人殺し同然だと思い込んだ町の人々は、彼女たちに一層陰湿な嫌がらせを行うようになった。ついには、ミルドレッドが職場で見知らぬ男性客から恐喝されるに至った。ウィロビーの死に憤慨したのはディクソンも同じだった。ディクソンはレッドが経営する広告代理店に押し入り、レッドとそのアシスタントを暴行し、レッドを2階の窓から突き落とした。ディクソンの一連の暴挙はウィロビーの後任であるアバークロンビー署長に目撃されていた。アバークロンビーは権力を乱用するディクソンを直ちに解雇した。その夜、ミルドレッドとロビーは帰宅中に3枚の広告板が燃え上がっているのを目撃した。2人は懸命に消火活動に当たったが、広告はほとんど燃え尽きてしまった。警察署ではディクソンはウィロビーから届いた最期の手紙を読んでいた。そこには「お前が犯罪捜査の第一線で活躍したいと願っていると知ってから、何とか助けになってやりたいと思っていた。しかし、病のためにそれも叶わなくなってしまった。お前の欠点はすぐにキレることだ。警察官に最も必要なのは愛だ。そうすれば、もっと良い警察官になれる。ゲイだとバカにする奴がいたら、同性愛差別で逮捕しろ。」と書いてあった。改心したディクソンはそれまでいい加減にやっていたアンジェラの事件の捜査に本気で取り組もうと決心したが、そこで思わぬ事態が発生した。広告板は警察に放火されたと考えたミルドレッドは報復のため火炎瓶で警察署に放火した。署内で音楽を聴きながらウィロビーの手紙を読んでいたディクソンは放火に気が付かず逃げ遅れたが、大火傷を負いながらもアンジェラの事件の資料が燃えるのを守った。偶然その場を通りすがったミルドレッドの友人のジェームズはディクソンを救助し、警察にはミルドレッドが放火犯だと察しつつも「彼女は自分と一緒にいた、火事とは関係ない」と証言した。大火傷を負ったディクソンが入院すると自分が暴行したレッドと同室だった。ディクソンは顔が包帯で隠れていたため当初は気づかれなかったのだが、レッドの優しい対応を受けるうちに涙を流し、「窓から突き落として悪かった」と謝罪した。レッドは相手がディクソンだと気づき驚きはしたが、糾弾することなくオレンジジュースを差し出した。一方、ミルドレッドのもとにはウィロビーからの最期の手紙が届いていた。内容は「自分が自殺するのと広告板は関係ない。君の気持ちはわかるが、警察にもどうしようもない事件というのは存在する。憎しみだけで生きないでほしい。」というものだった。更に彼は広告板の維持費として彼女に5000ドルを贈っていた。焼けた広告板は予備の張り紙を使用することで再掲され、ウィロビーが死んでも広告のメッセージは変更しなかった。放火の際に助けられたジェームズに恩義を感じていたミルドレッドは彼と食事に行くが、同じレストランに元夫のチャーリーが現れる。ジェームズが席を外している間にチャーリーは、広告板は酔った勢いで自分が燃やしてしまったと告白する。チャーリーに憤慨するミルドレッドはジェームズに八つ当たりのような接し方となってしまい、ジェームズは「俺は苦しんでる君を支えたかっただけなのに」と帰ってしまった。ジェームズを傷つけてしまったミルドレッドはチャーリーを責めることなくワインを贈り、その場を去った。退院したディクソンがバーで酒を飲んでいると後ろの席で男が話していた。彼は以前ミルドレッドの店に現れ恐喝した男だった。会話の内容は9か月前に女性をレイプして焼き殺したことを自慢気に語るものだった。ディクソンはその男がアンジェラを殺した犯人だと推測し、車のナンバーから住所がアイダホ州であることを確認すると、ひどい暴行を受けながらも相手の皮膚を爪でかきむしり、DNAを採取することに成功した。ディクソンはミルドレッドに男のことを話し、二人は和解した。ところが、DNA鑑定の結果その男はアンジェラの事件とは関係がなく、アンジェラが殺された時期には軍の任務でアメリカを離れてある砂漠の国にいたという強力なアリバイもあった。ディクソンとミルドレッドは落胆するが、ディクソンはその男は事件と関係がなくても、レイプ犯であることは間違いないためアイダホに行くと言うと、ミルトレッドも同行することを決意する。ミルドレッドは息子に、ディクソンは母親に別れを告げ、アイダホへ向かう。ミルドレッドが警察署に放火したのは自分だと告白すると、驚きもせず「あんた以外に誰がいる?」とあっさり返された。道中、男を殺すことについてどう思うかについて「道々、決めていこう」と語り、物語は幕を閉じる。

 

キャスト

  • フランシス・マクドーマンドミル:ドレッド・ヘイズ
  • ウディ・ハレルソン:ウィロビー
  • サム・ロックウェル:ディクソン
  • アビー・コーニッシュ:アン
  • ジョン・ホークス:チャーリー
  • ピーター・ディンクレイジ:ジェームズ
  • ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ:レッド
  • ルーカス・ヘッジズ:ロビー・ヘイズ
  • ケリー・コンドン:パメラ
  • ダレル・ブリット=ギブソン
  • ジェリコ・イヴァネク
  • キャスリン・ニュートン:アンジェラ・ヘイズ
  • サマラ・ウィーヴィング:ペネロープ
  • クラーク・ピータース
  • サンディ・マーティン:ディクソンの母
  • アマンダ・ウォーレン
  • マラヤ・リヴェラ・ドリュー
  • ブレンダン・セクストン三世
  • ジェリー・ウィンセット

 

作品情報

  • タイトル:スリー・ビルボード
  • 原題:THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI
  • 製作年度:2017年
  • 上映時間:116分
  • 製作国:イギリス,アメリカ
  • ジャンル:ドラマ、サスペンス、コメディ
  • 監督:マーティン・マクドナー
  • 製作総指揮:バーゲン・スワンソン、ダーモット・マキヨン、ローズ・ガーネット、デヴィッド・コス、
  • ダニエル・バトセク
  • 脚本:マーティン・マクドナー
  • 音楽:カーター・バーウェル

 

 


映画『ザ・ウォール』あらすじ、作品情報

あらすじ

米軍の狙撃手であるアイザックとマシューズはイラクの砂漠地帯にある石油パイプライン建設現場へと派遣される。

通信機も使えなくなり、水筒にも穴が開いてしまった。

アイザックは撃たれたマシューズを救出

二人は、そこが安全かどうかを見極めるため、22時間にも及ぶ偵察を行う

救援が絶望的になった今、負傷したアイザックに残された道は、壁に隠れながらジューバを倒すチャンスを伺うこと

2007年、イラク戦争も終わり

マシューズは護衛にあたっていた兵士の遺体からラジオを回収

自身も傷を負ってしまった。

その隙をイラク人の狙撃手に突かれてしまった。

失敗に終わった

 

登場人物

  • アレン・アイザック軍曹 – アーロン・テイラー=ジョンソン
  • シェイン・マシューズ2等軍曹 – ジョン・シナ
  • ジューバ – ライト・ナクリ

 

作品情報

タイトル

ザ・ウォール

原題

THE WALL

製作年度

2017年

上映時間

90分

製作国

アメリカ

ジャンル

サスペンス

アクション

戦争

監督

ダグ・リーマン

製作総指揮

レイ・アンジェリク

脚本

ドウェイン・ウォーレル


映画『スキップ・トレース』あらすじ、作品情報

あらすじ

捜査を行っている際、過度の追跡で付近の住宅に甚大な被害を与え停職処分
ロシアン・マフィアに拘束されていたコナーを無事救出し、連れ戻そうとするが、なぜか二人とも追われる身になってしまう。
刑事ベニー・チャンは、相棒ユンを殺した疑いで香港の犯罪王ヴィクター・ウォンを追っていた。
サマンサがヴィクターの犯罪に巻き込まれてしまう。
ベニーは事件の鍵を握るアメリカ人詐欺師コナー・ワッツを追って単身ロシアへ行く。

 

登場人物

ベニー・チャン ジャッキー・チェン

コナー・ワッツ ジョニー・ノックスビル

サマンサ ファン・ビンビン

ヤン エリック・ツァン

レスリー シー・シー

エズモンド ディラン・クォ

ハンサム・ウィリー ヨン・ジョンフン

ティンティン ジャン・ランシン

ナタリア サラ・マリア・フォースバーグ

ディーマ ミハイル・ゴアヴォイ

セルゲイ チャーリー・ローズ

ダーシャ イブ・トーレス

タン警部 マイケル・ウォン

バスの乗客 リチャード・ン

ヴィクター・ウォン ウィンストン・チャオ

 

作品情報

タイトル:スキップ・トレース

原題:SKIPTRACE/絶地逃亡

製作年度:2016年

上映時間:107分

製作国:アメリカ,中国,香港

ジャンル:コメディ、アクション

監督:レニー・ハーリン

脚本:ジェイ・ロンジーノ、ベンデヴィッド・グラヴィンスキー

音楽:コンフォート・チャン